ロレックス買取ならロレックス(ROLEX)買取専門店ファン|宅配買取・出張買取|デイトナ・デイトジャスト・サブマリーナなど高価買取

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

アンティークロレックスを購入するうえで求めたい最低条件

ここまでアンティークロレックスの魅力についてご紹介してきました。

前回ご紹介した60年代のアンティークロレックスは、時計業界激動の時代を生き抜いたロレックスの努力の結晶ともいえる銘品ばかりです。

 

古き良き時代の郷愁や味わいを感じながら、精度の高い時計を求めるのであればバブルバックがお勧めです。アンティークという枠を超えた傑作とも呼べるバブルバックは、アンティーク初心者、またロレックス初心者という方にはぜひチョイスしていただきたい選択肢です。

 

アンティークには、フーデッドといわれるものがまれにあります。フーデッドとは、英語のフードが語源になっており、腕時計のケースとブレスレットのすき間を覆うものというのを意味しています。

 

かつては、革製のベルトの腕時計が一般的でしたが、その後ブレスレットタイプの腕時計が出てくるようになります。しかし、革ベルト用に作られたケースがほとんどだったので、ブレスレットとケースの間にどうしても隙間が発生してしまっていました。それを埋めるために、フーデッドが作られたのでした。

 

アンティーク時計に求めたい条件

 

アンティーク時計は、古い時代に作られたものです。バブルバックは自動巻きに変えられ、新しい装置が備えられていますが、作られた時代そのままの性能でまだまだ動いているアンティーク時計もたくさんあります。

それでも、アンティークといえど、しっかりと動いてもらえることが購入するうえでは大前提となってくるでしょう。

 

腕時計のアンティークという枠は、40年代後半から60年代に作られたものとして取引されています。一般的な製品のアンティークと呼ばれる枠と比べるとかなり新しいイメージかもしれません。腕時計は商品の性質上、完全に作動し、時間を刻むという本来の機能が確保されていなければならないという最低条件がついてくるからなのです。

 

ロレックスをアンティークで選ぶなら、使えるということが条件になること、それも長く愛用できるということを大前提としてぜひ良いものを見つけていただきたいと思います。

 

また購入後のケアについても大切です。末永く使っていくために、状態を把握し、メンテナンスをかかさないことが大切です。

アンティークというだけあり、製造されてからかなりの年数がたっています。もしかするとみなさんより長くその時計はこの世に生き続けてきたのかもしれません。ロレックスといえども経年劣化は起き得るのです。新品に比べるともちろん不具合も生じます。

 

今後持ち続けることを考えて大切にすれば長い間、アンティークのロレックスも愛用し続けることができます。