アンティークロレックスのオーバーホールについて・依頼するお店は? | ロレックス買取の専門店はロレックスファン【全国対応】

こんな状態でも買い取れます 写メールによる査定のご案内 宅配によるロレックス買取のご案内 過去に買取をさせて頂いたお客様の声(カスタマーレビュー)
コラム

アンティークロレックスのオーバーホールについて・依頼するお店は?

ここまでアンティークロレックスのコンディション判別方法や、取り扱い方法、保管場所などについてご紹介してきました。購入した時から、すでに製造されて何年も経過しているアンティークロレックスの取り扱いについては細心の注意が必要になります。

さすがのロレックスは、アンティークモデルであっても正しく丁寧に扱えば、長く付き合っていくことができるものもあるでしょう。アンティークロレックスをより長く愛用していくためにも、重要になってくるオーバーホールについて今日はお話を進めたいと思います。

 

アンティークロレックスを購入した場合は、新品が推奨されている3年から5年というオーバーホール期間より、頻繁に定期的なオーバーホールが必要になります。できれば最低2年に一度はオーバーホールを行っていただくことをおすすめします。

 

アンティークロレックスのメンテナンスについて

 

アンティークロレックスは大切に使っていてもオーバーホールが絶対に必要です。防水ケースがあるものでも経年劣化で水分やほこりを入れ込んでしまう可能性が高くなっています。早期発見が、大きな問題を招かない解決策となります。アンティークモデルは、新品モデルよりも短い期間でオーバーホールを行ってください。2年に一回は最低お願いしたいところですが、アンティークロレックスを毎日使っているという人なら、1年に1回はオーバーホールに出すことをおすすめします。

 

アンティークロレックスをオーバーホールしてもらうお店は、できればそれを購入した先が望ましいといえます。アンティークウォッチは、表面の傷や汚れなどの表面上の状態だけでなく、内臓されている機械の状態も、同じものはないまた一つとしてありません。そのため、それについて把握しているお店にメンテナンスを頼むのが望ましいのです。そのためには、購入時から信頼のおけるお店を選んでおくことが求められるとも言えますね。

 

お持ちのアンティークロレックスモデルによっては、ケースの元々の形状や、劣化している具合によって、メンテナンスを頻繁に行わなければならないものもあるでしょう。特殊な場合ではありますが、そういったケースならその時計についてよく知っているお店にメンテナンスをお願いするのが安心で安全な方法ではないでしょうか。

オーバーホールなどは、パーツの交換部品が在庫にあるか、また修理業者の技術力についてはいかなるものかなども考慮した上で依頼するお店を決めましょう。